• TASCについて
    • TASCの概要
    • 事業目的
    • 業務・財務等に関する資料
    • 個人情報の保護
  • 調査研究
  • 研究助成
    • 過去の研究助成一覧
  • 普及啓発
    • TASC MONTHLY
    • 談
    • たばこ史研究
    • TASCレポート
    • たばこ産業史資料
    • 関連出版物
    • その他
  • 博物館運営
  • TASC入会のご案内
  • お問合わせ

TASC MONTHLY

当財団の機関誌「TASC MONTHLY」は、財団の活動状況報告及び財団内外の執筆者による現代に生きる人間及び社会に関わる小論やエッセーを掲載して毎月発行し、財団会員、学識経験者等に配付するほか、ご希望の方には1部300円で頒布しております。

  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

◇ 2009年度一覧

・2010年3月 No.411
区分 タイトル 執筆者
随想 モノを整理してゆく 川本三郎
表紙の声 鴎外の最高傑作が「ドッキリ・チャンネル」を書いていた娘の森茉莉ならば、阿川弘之の最高傑作は阿川佐和子さんだ! 並木芳雄
聖なる煙に導かれて コミュニケーションとしての煙 西江雅之
TASCフォーラム 進化する「正義」の概念 藤川吉美
TASCサロン 火土火土 辻 厚成
特別シリーズ 現代を生きる第3回
日本人が感じてきた幸せ
−昔話からのアプローチ−
石井正己
研究余録 柴田是真、ジェーン・エア、髪結新三
たばこをめぐる三つの話題(17)
大久保雅夫
特集 日本たばこ産業 百年のあゆみ(日本語版・英語版)刊行  
  『日本たばこ産業 百年の歩み』の刊行を喜ぶ 志水雅一
  三和良一・鈴木俊夫(著)『日本たばこ産業 百年のあゆみ(英語版・日本語版)』について レズリー・ハンナ
  米国シガレット産業発展史との関連により『日本たばこ産業 百年の歩み』を読んで 山口一臣
特別寄稿 喫煙の考現あれこれ 秦 郁彦
・2010年2月 No.410
区分 タイトル 執筆者
随想 難解のすすめ 三浦雅士
表紙の声 森鴎外は女性大好き。だから彼の本当の最高傑作は、中野翠が言うように娘の森茉莉だったかも知れない 並木芳雄
聖なる煙に導かれて 煙のこと 西江雅之
TASCフォーラム 喫煙は利己的か 遠藤 徹
TASCサロン ワーグナーのペットたち 安藤 治
特別シリーズ 現代を生きる第2回
なぜ、たっぷり食べた客のように、人生から立ち去らないのか
植島啓司
研究余録 ジュリー&ジュリア、シェルブールの雨傘、この森で天使はバスを降りた
たばこをめぐる三つの話題(16)
大久保雅夫
ひろば 「屋根の上のバイオリン弾き」に関連して 福田浩一
・2010年1月 No.409
区分 タイトル 執筆者
随想 キセルの芸談 渡辺 保
表紙の声 美しい日本女性と、「ノーベル賞なのにィこんなにエロチック!」な川端康成と‥ 並木芳雄
聖なる煙に導かれて タバコあれこれ 西江雅之
TASCフォーラム 新春仮想座談会 ダイエット最前線と乳製品の効用。
——チーズ・ヨーグルトの大ヒット食品(食べる化粧品)が、なぜ出現したのか?
中澤勇二
TASCサロン たばこと自動車の黄金時代 吉村明彦
特別シリーズ 現代を生きる第1回
現代日本社会における健康の価値再考
上杉正幸
研究余録 映画「沈まぬ太陽」、映画「ゼロの焦点」、文楽「心中天網島」
たばこをめぐる三つの話題(15)
大久保雅夫
BOOKS 奥村康『「まじめ」は寿命を縮める「不良」長寿のすすめ』を読む 石井和夫
ひろば 『礼記』に学ぶ「老」ということ 望月信彰
・2009年12月 No.408
区分 タイトル 執筆者
随想 まちづくりをご存じですか? 林 泰義
表紙の声 情死によって一段と注目され、人気となった太宰治。それを見ていた三島由紀夫は、同じ成功をしたかったのかもしれない???? 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ ヨイトマケの唄 長田暁二
TASCフォーラム 「なぜ彼女たちはケータイに装飾を施すのか—《かわいいもの》をめぐるコミュニケーション小史」 濱野智史
TASCサロン 行って、見て、入ってびっくりドイツの温泉 岡田眞樹
研究余録 絵皿は語る、屋根の上のバイオリン弾き、加波山神社キセル祭
たばこをめぐる三つの話題(14)
大久保雅夫
特別寄稿 健康至上主義と喫煙・禁煙問題 八木晃介
書評 高齢期の生き様の理解のために
−上杉正幸著『案じますな、今じゃ』(TASC双書7)−
三浦文夫
・2009年11月 No.407
区分 タイトル 執筆者
随想 新政権にのぞむこと 五百旗頭 真
表紙の声 親族に能楽師がいた古都金沢の彫金師の子・泉鏡花。作家になって15年、ついに伝統のお能の世界を描く。「Oh, no!」 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ 雨の慕情 長田暁二
TASCフォーラム 対談 なぜ人々はゼロリスクを願うのか 渡辺 正
  ×中谷内一也
TASCサロン 世界を舞台にした甲州ワイン 有賀雄二
研究余録 タバコ狩り、ポワロ、炎の人
たばこをめぐる三つの話題(13)
大久保雅夫
ひろば 『案じますな、今じゃ』(TASC双書7)を読んで 平田二郎
  「カタリココ」と「朗読ミュージカル」 堀江陽子
・2009年10月 No.406
区分 タイトル 執筆者
随想 東地中海ギリシャ・ヒオス島から 深澤朋子
表紙の声 国民的漫画「サザエさん」の名づけ親は、作者の長谷川町子じゃあなくて、小説の神様・志賀直哉にちがいない。 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ 「上海の花売娘」と「港シャンソン」 長田暁二
TASCフォーラム 現代における善/悪の判断について
−「世間」論の視点から−
佐藤直樹
TASCサロン アダム・スミスとドクター・ジョンソンの交流 櫻井 毅
研究余録 書籍『パイプ大全(第3版)』、演劇「ガブリエル・シャネル」、文楽「生写朝顔話」
たばこをめぐる三つの話題(12)
大久保雅夫
特別寄稿 タバコの本をつくって18年
−『アレンツ文庫』から『たばこの事典』まで
石井和夫
ひろば 歌舞伎・小説の中のたばこ 菊間敏夫
・2009年9月 No.405
区分 タイトル 執筆者
随想 お膳立て社会に生きる 小幡一衛
表紙の声 金田一教授の事件簿その2
「一日玄米四合ヲ食ベ」は、なぜ「一日玄米三合ヲ食ベ」に改ざんされたのだろう。
並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ よこはま・たそがれ 長田暁二
TASCフォーラム 「暗い日曜日」
−サブプライム・ローン問題寸感
鈴木俊夫
TASCサロン 煙管喫煙文化のリバイバル 柘 恭三郎
研究余録 エカテリーナ2世の四大ディナーセット、於染久松色読販、伊勢音頭恋寝刃
たばこをめぐる三つの話題(11)
大久保雅夫
ひろば 読みごたえのある36ページ 島守光雄
・2009年8月 No.404
区分 タイトル 執筆者
随想 デザインの力 逸見謙三
表紙の声 高級たばこ「ピース」が終戦の象徴ならば、坂口安吾は、人々に立ち直る勇気をくれた恩人で、平和の象徴さ。ピース!ピース! 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ 黒いパイプ 長田暁二
TASCフォーラム 対談 マンガは日本を救えるか…
〈クール・ジャパン〉の現状と将来
永山 薫
  ×伊藤 剛
TASCサロン 江戸の知恵に見る現代社会の共生のマナー 越川禮子
研究余録 トレチャコフ美術館展、曽根崎心中、マイ・フェア・レディ
たばこをめぐる三つの話題(10)
大久保雅夫
・2009年7月 No.403
区分 タイトル 執筆者
随想 正論は非常識 柴田二郎
表紙の声 80歳過ぎに『狂風記』というベストセラーを書いた石川淳は、かつてボヘミアン生活もしたけれど文壇の大御所になった。 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ おてもやん(熊本甚句) 長田暁二
TASCフォーラム 生物多様性の保全
〜企業はなぜそれに取り組む必要があるのか〜
宮崎正浩
TASCサロン 貧困を見つめる、ある透徹したまなざし 石本君代
研究余録 新皿屋舗月雨暈、哀愁、ヒットパレード
たばこをめぐる三つの話題(9)
大久保雅夫
ひろば 「たばこをめぐる三つの話題」を読んで 濱田和章
・2009年6月 No.402
区分 タイトル 執筆者
随想 企業博物館の一員になって 根本利之
表紙の声 松本清張と同い年の太宰治も今年が生誕100年。そこで太宰の故郷・青森県五所川原市では「走れメロス」マラソンを開催予定 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ ベッドで煙草を吸わないで 長田暁二
TASCフォーラム シンクタンクから考える海外と日本 鈴木崇弘
TASCサロン 外食産業今昔 志水理男
研究余録 誧競艶仲町、ドライビング・ミス・デージー、マルグリット
たばこをめぐる三つの話題(8)
大久保雅夫
BOOKS 井上ひさし『京伝店の烟草入れ』を読む 石井和夫
ひろば 村上先生の「医師像」に共感 鷺坂三郎
  タバコ友達 野中ゆりえ
  たばこの未来 斉藤半太郎
・2009年5月 No.401
区分 タイトル 執筆者
随想 「コンプライアンス」雑感 塩澤義介
表紙の声 若狭出身の水上勉は『飢餓海峡』にも近くの舞鶴を登場させるけれど、小説『故郷』では変わってしまった故郷の若狭を悲しんだ。 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ 別れのブルース 長田暁二
TASCフォーラム マルセイユのたばこ工場とワンコイン・レンタサイクルの隠された関係 鳥海基樹
TASCサロン 私が、〈カタリココ〉をはじめた理由 大竹昭子
研究余録 ラ・トラヴィアータ(椿姫)、マンマ・ミーア、人情噺文七元結
たばこをめぐる三つの話題(7)
大久保雅夫
ひろば 青木論文「女は女でしかないが…」を読んで 吉松 伸
  興味深かったミュージカル「ミス・サイゴン」 田中保行
・2009年4月 No.400
区分 タイトル 執筆者
随想 医療は理科系か 村上陽一郎
表紙の声 漱石こと夏目金之助は、鴎外の森林太郎先生とともに、明治日本の二大文豪だ。お二人は「文豪・キンちゃん リンちゃん」である。 並木芳雄
歌は世につれ、たばこは歌につれ 若いお巡りさん 長田暁二
TASCフォーラム 音楽配信の登場によって何が変わったのか 八木良太
TASCサロン 雑穀のブームと居場所 遠藤哲夫
特集 『たばこの事典』発行  
    刊行にあたって 筧 正三
    編集を終えて 新実和也
    校正サイドから見た『たばこの事典』 粒良文洋
    発刊によせて 熊倉一郎
    “たばこの事典”の重み 平井哲夫
研究余録 籠釣瓶花街酔醒、魔笛、ドロウジー・シャペロン
たばこをめぐる三つの話題(6)
大久保雅夫
BOOKS たばこ−パッケージクロニクル 石井和夫
ひろば 「原稿を書く人」とたばこ 平田二郎
  アカデミー賞の「おくりびと」 末武二三男
  • 嗜好品文化研究所
  • 雑誌「談」編集長によるBlog
  • たばこと塩の博物館