トップ頁へ
    パイプのけむり     團伊玖磨・全仕事 團伊玖磨全仕事 ▲中国食べ物語お茶のあるくらし
團家の食卓
 「團家の食卓」に招かれてお食事を戴いたわけではないが、書類の整理のため、何回も團家に滞在し中国料理の真髄についてのお話を伺いながら、和子夫人の各種のお料理をいただいた。
 本の帯びにあるように、ある日「これからは、この家でお客様をおもてなしするからよろしく」と團伊玖磨氏、それからと言うものは、国内外のいろいろな地位や職業の方たちを供応されたと遠くを見つめるようにお話されていた。
和子夫人の「いろいろ、あったのよ」と言う言葉の裏には、日本料理のお好きだったお姑さんとのこと、賓客の好みの問題、材料の選択の問題など、この本の底辺にある,を作ることの厳しさが随所に見られ、「パイプのけむり」や他の著作を併読することにより、一層この本の素晴らしさが読み取れるような気がする。
 でも、夫人は機械物の操作に詳しく、ビデオの留守録や、編集などあの広いテーブルに新聞を広げメモ帳を広げ、「この番組の録画頼まれちゃったのよ」などと器用にリモートコントロールユニットを操作されていた。お料理についてはわたくしが代弁するよりこの本に詳しく記されている。 (早崎日出太)
:「パイプのけむり」巻数/タイトル/頁数
書  名 価 格 編 者 発行所 頁数 寸  法
團家の食卓    1429円 團 和子 文芸春秋社 203 140×193×20 
 初版:1997.7.1    
ID タイトル 頁数 参考
No   まえがき 5
01 鯰の家訓 10 VOL.20, 「阿吽の鯰」P271
02 秋谷の鷹匠 16 VOL.18, 「鳶」P.156
03 〈料理技術〉その一 26 VOL.16, 「東京夢華録」P.30
04 黄河の伝説 27
05 オペラの打ち上げ 33
06 〈料理技術〉その二 42
07 野味八珍 44
08 広東の家庭料理 53
09 〈料理技術〉その三 63
10 魚翅の話(ふかひれ) 66 VOL.15, 「東北四珍」P.244
11 秋谷の子産石 71 VOL.17, 「後日談」P.56
12 〈料理技術〉その四 81
13 インド人のご夫婦 82
14 満漢全席 86
15 〈料理技術〉その五 97
16 酔眼朦朧 98
17 八人の仲間と上海蟹 107 VOL.17, 「●●日記抄」P.162
18 〈料理技術〉その六 117
19 ●魚(しーゆい)の話 120
20 清湯燕窩 126
21 〈料理技術〉その七 138
22 菜単のこと 139
23 餃子のかたち 155
24 〈料理技術〉その八 165 VOL.18, 「鳶」P.156
25 雲南への旅 166 VOL.06, 「炎上」P.97
26 葉山の若布採り 177
27 〈料理技術〉その九 186
28 茶飲み友達 188
一口添えて   201 團伊玖磨